Webで新古車を検索をしてみると、90万円前後

一方の新車価格はというと、メーカーHPには107万8,920円?とあるではないですか。
Webで新古車を検索をしてみると、90万円前後という価格で数100台もヒットします。
車 買い替え 下取り ディーラー
車は10万キロ乗ってもまだまだ動く、安全装置が気になるなら将来中古で買ってはどうか?今のエコカー以外にも良い車は沢山ある、車は走らなくなってから買い替えるものだ等々。
5年後、10年後にどうしよう、というのではなく、できるだけ長く乗れるよう日頃のメンテナンスを怠らないなど、将来のための小さな積み重ねで車の状態は大きく違ってきます。
ワゴンRのベーシックグレード・FAならば14万円の値引きが可能なんていう話も耳にします。
意外とこの事実を知らない契約者様が多かったです。
また私の整備士の友達は20万kmを突破しています。
ならば買取り専門店に査定してもらえば、一番高く売却できる!
きっと「もう売る気がないんだろうな」と思われたのかもしれません。車も10年落ちでしたからね。
もし、ディーラーの下取り額の方が、買取業者よりも高ければ、そのまま下取りにだしましょう。(まずあり得ないですが、決算期等でどうしても売りたい時期もあります)
自分で出すことも出来ますが、夫の賛成なく買うなんて、大騒ぎになりそう。
ディーラーは1台でも新車を売ることが本業なので、下取りにはあまり興味がありません。「よろしければ、下取りましょうか」という感覚です。
午前中の電話はわりとアッサリだったので、「やっぱり!」という感じでした(笑)
逆に車買取専門店は、その名の通り車を買取る事が本業です。欲しい車は競ってでも高値を付けてくれます。
なので、保険は使うけど修理概算額の金額を手元にもらうことができるんです。
いま売られているワゴンRの発売は2012年、市場に出て4年もたったモデルを定価そのままで販売している、そんな強気なディーラーはいません。
そこで、今回は車の寿命や買い替えのタイミングについて紹介したいと思います。
老後の為の資金はいくらあっても多過ぎない事を考えると、庶民の私が、この年齢で新車を欲しがるのは不相応ではないか?
えらくあっさり引き下がったので、“多分また電話がかかってくるはず”と構えていたのですが、結局その後はまったく電話がありませんでした。
正直いって午前中のひとはとても感じがよかったのですが、夜にかけてきた△△さんは営業風なしゃべりかたで、ちょっと鼻につくかんじです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です