欲しい車には、いくらでもお金を払う。

欲しい車には、いくらでもお金を払う。というごく一部なセレブな方もいらっしゃるでしょうが、大半の方は限られた予算で車を買い替える事と思います。
査定額に納得いかなければ売却しなければよいのです。
特に、コンパクトカーのような中古車の数が多い車種は、3年で50%以下になってしまうことも多いです。
車 買い替え 下取り ディーラー
この頃になると、大きな故障は無くても、ヘッドライトのプラスチックに変色が現れたり、ドアのゴムパッキンが劣化してきます。
購入する車種によって保険料が変わる可能性があります。新車に買い替えた場合は、新車割引が入りますし、逆に高い車に乗り換えて、車両保険をかけると保険料は高くなります。
車の寿命はオーナーにとって非常に気になる数字ですよね。
車を購入するとき、13年18年と乗り潰すのか、3年毎に乗り換えるのかを決定しておきましょう。
結論から言うと【走行距離が10万kmに達したら車の寿命です!】とは一概には言えません。なぜなら、自動車のオーナーは十人十色、荒っぽい走り方をする人もいれば、丁寧に走る人だっているからです。しかも、走行距離が10万kmまでの点検・整備の頻度も違うでしょう。だから、10万km走ったから買い換えないとダメって事は全く有りません。
買取り専門店1社だけに査定してもらって、まあこんなものか。
そんなことはありません。
我が家は駅近ではないので、運転不可能な病気でないかぎり、老後はむしろ車は必要です(夫は自転車愛用、私は自転車は怖くて乗れない)
複数社から一括で見積もってもらえるので、手間なく簡単に売値の最高額が分かります
一般的にはタイミングベルトを交換する10万kmが買い替え時期だと言われています。
年末に新車を購入し登録してしまうと、すぐに“1年落ち”の車になってしまいます。となると、買ってすぐに愛車の価値が大きく下がってしまうというわけなんです。
「こちらで今の車を下取りにも出しますので、新車の値引きにも応じてもらえませんか?」
なんていうんでしょう…“マニュアルトークではなしてます”的な感じとでもいいましょうか(笑)
飽きた頃、良い車が発売された頃、という気分的な買い替えでも良いのですが、できるだけ費用をかけずに買い替えるのなら、走行距離3万kmを目安にしておくと良いでしょう。
けれど、現実的に、車がない時期があるというのは不便ですし、下取りに出す場合は理想的なタイミングにするのは困難です。
そして、ショップにもよりますが新車のディーラーと中古車店なら、未使用車を扱っている中古車店のほうが、諸費用やオプション価格が高い傾向があります。
売るかどうか迷っているのなら、時間のあるときにとりあえずネット査定をして自分のクルマの相場をしっておくと損ないですよ♪ 一度査定額をしっておけばディラーで下取り金額を出してもらったときにも「これならガリバーより、ディーラで下取りしてもらったほうが得だぞ!」とすぐに分かって時間の節約に!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です